クリニックについて 診療について アクセス

クリニックについて
クリニックコンセプト
医師紹介
院内設備
連携医療機関
診療領域
診療領域
耳鼻咽喉科
皮膚科
アレルギー科
アンチエイジング科
禁煙治療
よくあるご質問
アクセス
交通機関
予約・お問い合せ



1970年代に米国のライナス・ポーリング博士はガン患者さんにビタミンCを点滴と経口投与した結果、延命効果が得られたと報告しました。その後、否定的な論文も発表され、ビタミンCの抗ガン治療は下火になってしまいました。ところが2005年にNIHの研究者が高濃度ビタミンC点滴の抗ガン作用を発表後、再びビタミンCによる抗ガン治療が注目されるようになりました。

 高濃度ビタミンCの抗ガン作用は正常細胞には影響を与えず、その抗酸化作用によって体の病変部に選択的に働き、ガン細胞を殺していきます。様々な研究の結果、有効な抗酸化作用を得るには経口摂取ではなく、点滴による投与が必要であることまた、このビタミンCの働きが老化による体の変調(=アンチエイジング)にも有効に働くことが分かってきました。例えば、ビタミンCの美肌効果はコラーゲンの生成を促進する作用があります。コラーゲン成分のアミノ酸であるハイドロキシプリンを合成する酵素を活発にする必須の成分の1つがビタンミンCだからです。高濃度ビタミンCの強力な抗酸化作用を利用することで、シミや肝斑の予防改善、コラーゲン産生を活性化させることで肌のハリ、ツヤを増進することが可能にとなります。ほかに美肌効果だけでなく、歯茎の健康を保ったり、血管壁を強くしたり、ケガの回復を早める効果もあります。

 <ビタミンCの効果>

・抗酸化作用 ・抗ガン作用 ・シミの予防、改善 
・風邪諸症状の緩和 ・美肌、アンチエイジング効果 ・ミネラル吸収促進

ビタミンCは経口内服では吸収されにくく、大量に摂取すると胃の調子が悪くなってしまうことがあります。



 
  サイトマップ ホームページへ