クリニックについて 診療について アクセス

クリニックについて
クリニックコンセプト
医師紹介
院内設備
連携医療機関
診療領域
診療領域
耳鼻咽喉科
皮膚科
アレルギー科
アンチエイジング科
禁煙治療
よくあるご質問
アクセス
交通機関
予約・お問い合せ





医療法人 華風会 ザ・北浜タワー 耳鼻咽喉科皮膚科クリニック 顧問・医師 久保伸夫
(1からの続き)

また花粉症の予防に対してもマスクは最も安全で確実な治療といわれてきました。ただこれまでのマスクの問題点として、
1)ガーゼは数枚重ねなければ花粉(直径25-30ミクロン)が繊維の網目を通過してしまう点
2)マスクと顔のすきまから花粉やウイルスが吸入される点
3)マスクが口につき、息苦しく、しゃべりにくい点
4)再使用の際、表面の花粉やウイルスが内面につきやすい点
5)高価格などの点です。
今回開発された不燃布による立体型マスクはこのような従来のマスクの問題点の大半を解消しています。
1)ガーゼに較べ、繊維の網目が細かく(2-10ミクロン)、一重でも花粉や飛まつを通さない点
2)顔との隙間ができない点
3)口元とマスクの間の空間により、呼吸がしやすくしゃべりやすい点、その空間のため気の加温加湿が可能な点
4)たたまれた状態では常に口につく面が内側になるためポケットのなかでも内面は清潔で、表面に付いた花粉やウイルスが口に当たる内面にはつかない点
5)製造工程が単純で安価な点などこのマスクは画期的といえますが、さらに重要な特徴は口元の空間のため呼吸のしやすく、このマスクによって睡眠中のマスクの装用が現実的に可能になり、治療効果が期待でき、長期的には抗生物質の使用量を減らせる点です。

我々は1昨年、一定量の花粉を散布できる花粉曝露室内に花粉症でないボランティアの方に入っていただき、様々なマスクをつけて45分室内にいた後で鼻を洗い、花粉が何個吸入されたかを調べました。その結果ではマスクなしでは平均600個吸引されたのに対し、ガーゼマスクは195個、プリーツマスクは150個、我々の立体形状マスクは115個吸入されていました。また、我々の新しいタイプのマスクは鼻との隙間はないため、メガネの曇りも少なくなりました。立体形状不織布マスクの開発には、このような試験結果以外にも、コンピュータシュミレーションや風洞実験など様々な検討を行いながら行っています。

喘息や通年性アレルギー性鼻炎の原因はダニ抗原であり、室内にいるダニの死骸やその分泌物を含む家庭のほこりの成分です。最もダニの多いのは寝具です。睡眠中数時間身体に接していて、ダニの好む汗やふけを吸収しているにもかかわらず、めったに洗濯しないからです。また寝具以外でも、睡眠中は床に近いほこりや花粉のたまった空気を吸い込みます。睡眠中にマスクができれば、喘息や鼻炎の予防のもなります。

学校保健の観点から言えば、12月から2月には通常は登下校時や校庭で遊ぶときに、風邪がはやれば授業中もマスクをすることで、校内でのインフルエンザの拡大を防止できます。昨年、私たちは新しい小児用立体形状マスクを開発ました。このマスクはベビーシェーマと言われる鼻根部の低い低学年の顔の形に合わせ、顔とのすきまが少ない形状になっています。このマスクを使い、昨年荒川区内の小学校で2月中の登下校時と掃除の時にマスクをつけてもらい、どの程度インフルエンザにかからないか、という研究を行いました。その結果、マスクを毎日できた学童の罹患率が2%であったのに対し、毎日はできなかったという学童は10%の罹患率でした。また、マスクを装用できなかった日数が多いほど罹患率が高いという傾向もみられました。社会におけるインフルエンザの感染拡大においても小児の関与は大きく、抵抗力が弱く学校で集団生活を送り小児はインフルエンザ感染のスプレッダー(拡散者)と呼ばれています。登下校と掃除時間だけでなく、休み時間にもマスク装用ができれば、インフルエンザによる学級閉鎖は激減させられると思います。さらに、睡眠中にマスクをすることで、抗生物質に頼らない治療が可能になると思われます。さらに、2月から4月にかけては、登下校時にマスクをすることで、花粉症の予防が可能になります。これらのこのことはすでに花粉症を発症している学童の対策としてだけでなく、今後発症すると思われる抗体陽性者の予防にもなると思われます。

さらに黄砂など新たな環境物質が呼吸器疾患を起こします。北京では黄砂以外にも、硫化酸化物や窒素酸化物、喫煙など様々な要因で、年間10%以上呼吸器感染症が増加していると言われています。黄砂は酸性雨の原因となる硫化酸化物を吸着し、それを吸入することでわが国でも呼吸器炎症を起こします。日本まで到達する黄砂の粒子サイズは様々ですが、マスク着用で半数の粒子の吸入を防げます。最後に強調したのは、どんな優れたマスクもつけていなければ、何の意味もないということです。そのためにも、最もすぐれたマスクとは、多少フィルターとしてのバリア性は劣っていても、苦しくなく、メガネの曇りやデザインの違和感が少ないものだと思います。

 


 
  サイトマップ ホームページへ