• 鼻の痛み
  • 鼻水が出る
  • においが分からない
  • くしゃみ
  • 鼻が詰まる
  • 耳鳴りがする
  • 鼻からのどに鼻水が流れる(後鼻漏)
よくある症状

副鼻腔炎

慢性副鼻腔炎(蓄膿症)

症状

鼻づまり、鼻水が止まらない、頭痛、咳、においが分からないなどの症状があります。

原因

かぜの細菌、ウイルス、アレルギーによって、鼻の周囲の空洞(副鼻腔)の粘膜が感染して粘膜が炎症することによって起きる病気です。
症状が4週間以内のものを「急性副鼻腔炎」、急性副鼻腔炎を繰り返し慢性化したもの(3ヵ月以上)が「慢性副鼻腔炎」といわれます。
近年、一般的な慢性副鼻腔炎と比べて治りにくい(難治性)の症状が増えており、好酸球副鼻腔炎と呼ばれています。
一般的な慢性副鼻腔炎が炎症部に「好中球」と呼ばれる白血球が集まるのに対して、好酸球副鼻腔炎は「好酸球」と呼ばれる白血球が多く集まるため、好酸球副鼻腔炎と呼ばれます。

治療

副鼻腔炎の治療は、症状の程度により、大きく3つの治療法があります。

アレルギー性鼻炎

アレルギー性鼻炎はハウスダストやダニ、カビなどが原因で起こる「通年性アレルギー性鼻炎」とスギやヒノキなどの花粉が原因で起こる「季節性アレルギー性鼻炎(花粉症)」の2種類があります。
アレルギー反応を起こす原因物質(アレルゲン)を特定し、症状に応じて適切な治療を行います。
当院では、「通年性アレルギー性鼻炎」には薬物治療やレーザー治療、免疫療法(減感作療法)などの治療、「季節性アレルギー性鼻炎」には薬物治療、レーザー治療、免疫治療に加え、各種手術に対応しています。

鼻中隔湾曲症

鼻中隔湾曲症とは

鼻の左右を隔ている壁のことを鼻中隔といいます。
この鼻中隔が湾曲することによって鼻腔を通る空気の流れが阻害され、鼻づまりやいびき、嗅覚障害などの症状が現れている状態が「鼻中隔湾曲症」です。
程度の差はありますが、殆どの方が鼻中隔が歪んでいます。
生活に支障をきたしいなければ問題ありませんが、風邪やアレルギー性鼻炎でないにも関わらず、鼻づまりなどの症状がある方は耳鼻咽喉科に受診することをおすすめします。

原因

鼻中隔は骨と軟骨で構成されており、主に思春期などの成長過程の中で、鼻中隔の骨と軟骨の成長スピードの差からバランスが崩れることによって歪みが生じます。
また、外傷や事故など外的な要因によって鼻中隔が歪む場合もあります。

治療

鼻づまりを抑える投薬や点鼻薬による治療で症状の改善できる場合もありますが、物理的な要因の病気に該当するため、根本的な治療としては手術が基本となります。

嗅覚障害

嗅覚障害は匂いがしにくい、においが全くしないなどの状態の病気で、においを感じる伝達経路のどこで障害が起こるかによって3種類に分類されます。

治療

原因によって治療法が異なるため、まずは検査を行い、原因の特定にあたります。
症状により、鼻洗浄や点鼻薬、場合によっては手術を薦めます。